太田章彦の日記

島根県隠岐郡海士町の暮らし/ワーキングツーリズム/インターンシップ

西ノ島ハーフマラソンに出たい

西ノ島町観光協会に顔を出したら、こんなのあるよ、と「西ノ島ハーフマラソン」をご紹介いただいた。

 

nishinoshima-half.com

西ノ島の絶景を見ながら走ったら気持ちいいかも。最近そういう、アクティブなことをしてなかったかも、と考えに耽る。

 

でも普段から、釣りはしない。登山もしない。ウォーキングもしないし、自転車も目的地がなければ乗らない。移動はもっぱら車だし、とにかく島に住んでいながらアウトドア的なものに気が進まなかったけど、でもスナックで酒を飲むことだけが、島の遊びではないような気も、する。

 

マラソンかぁ、良いなぁ、悪くないなぁと思いながらも、でもひとりで走ってる絵を想像したら妙に恥ずかしいしなぁと思っていたら、いいのがいた。ダイエット中の小西と一緒に走ったら、楽しめるかもしれない。

 

家に帰ってから早速、小西に「マラソン出ようよ」って誘ったら、「ええ。いいですねぇ。見た目で判断されがちですけど、私は運動好きですから」って返答があった。

 

いやいや、その体型でよく運動好きとか言ったな、絶対にマラソンに向かない身体だぞ、と思ったけど、でもひとまず、マラソンへの参加意思を確認できたし、それが本当ならこれからの日々に楽しみが増すから、小西の言葉を信じようと思う。

 

でも、HPを見れば見るほど魅力的に見える西ノ島ハーフマラソンも、小西の視線はそっちのけで前夜祭に開催されるBBQに完全に釘付け。本当に走る気あるかよ〜。マラソンしようよ〜。そのあとのビールはきっとうまいよ〜。

江龍田という名の男

ワーキングツーリズムで、江龍田という名の男が、僕の家に2週間滞在している。「江龍田」と書いて、「えりゅうでん」と読む。珍しい名字で、驚くことに世に4人しかいないらしい。

 

僕はわかる。江龍田は、いじられて育ったに違いない。まず、名字が読めないことから始まり、武勇伝、臥竜山、イリュージョン、スウェーデン、と、ちょっと考えただけでもこんなに思いつく。でも、こういう、くだらないイジリを笑顔で返してくれる、江龍田の底抜けに明るい性格は、日常に余裕をもたらしてくれる。

 

そんな、江龍田も明日の9:50発の「フェリーしらしま」で帰る。そんな、江龍田のために、今夜はハンバーグを作った(小西が)。

 

2週間、お疲れさま。今夜は、ビール飲もう。

f:id:akihikoota1989:20170707203207j:plain

新しいブログをスタート

今まで何度も書こう書こうと思っていたブログを、誕生日を機に始めます。

よろしくお願いします。