太田章彦の日記

島根県隠岐郡海士町の暮らし/ワーキングツーリズム

血圧

久しぶりに血圧を測った。

 

以前に測ったときは上が140の下が110と、あまりいい数値ではない。らしい。僕は、血圧がどういう数値だったら良いのか悪いのかよくわからないけれど、お姉さんに良くないですねぇと言われたから、良くないのだろう。

 

いたって健康だと思う。普段の生活になんの支障もない。朝は強い、夜も飲みに出るし、元気なほうだと思ってる。だけど、数値として表されると、途端に元気がなくなる。心の元気がなくなる。自分のことなのに、身体のことはこれっぽっちもわからない。

 

お酒の飲み過ぎですねぇ。コーヒーも飲み過ぎ?日々の運動は?睡眠は?という感じで、どんどん制限しなきゃっていう感じが、とっても窮屈で、ストレスで、それこそ身体に悪いんじゃないかと思った記憶がある。

 

でも最近、自分が良いと思うことばかりしていて、身体に悪いワケないじゃんって思っていたけど、どうやらそれも間違いのような気もしてきた。お酒を飲まないと目覚めが違うし、良く眠れると頭が冴える。

 

この歳にしてようやく、少しずつだけど脳みそと身体が繋がってきたような感覚がある。二日酔いが多くなったような気もするし、疲れやすくなったような気もするから、嫌でも身体のことを考えるようになったからかもしれないけれど。

 

今日、久しぶりに血圧を測った。上が138の下が70。どうやら、上の数値と下の数値が開いているほど、血管が柔らかいということ「らしい」。あくまで、調べたわけではなく、聞いたこと。

 

でも、もし本当にそうだとしたら、前に比べて良い数値になっている。

 

良くわからないけれど、世間一般的に良いとされる数値に自分が当てはまっていると、とっても気分が良かった。安心して健康な気がしてきた。でも、数値に一喜一憂していたら、それこそ不健康な思考のような気もするけれど、今はそれで良い。元気に行くぞー!って思える根拠を手に入れた感じだ。

 

そんなこんなで今夜は、血圧の数値が良かったので、スナックへ行こうと思う。ビールっビールっ!

 

(ちなみに小西は、下は70で上は140以上だったらしいけれど、血圧計が壊れる恐れがあったために上の数値は測定不能だったらしい。嘘みたいな本当の話で、さらにはお酒と塩分を控えるようにと言われたみたい。ふふふ、俺は飲むぞ。お前の目の前で、美味そうにビールを飲んでやるぞ)

f:id:akihikoota1989:20170711194846j:plain